近畿自彊術友の会 健康体操

HOME > 自彊術とは?




自彊術体操とは?

自彊術(じきょうじゅつ)とは大正五年(1916年)に中井房五郎(1878~1931)という天才的な手技治療師によって創案された,純日本式の健康体操です。実業家の十文字大元氏(1867~1924)が中井房五郎先生の治療秘術によって難病から解放され,その喜びを社会に還元しようという崇高な考えから,両人が相協力して案出したものです。
 十文字大元先生は三年をかけてその治療効果を確かめ,普及活動に乗り出され,数年の間に全国的に拡がりました。しかし戦争によって一時期普及が途絶えましたが、戦後になって久家恒衛氏・近藤芳朗医学博士・吉田誠三医学博士等によって再び世に広められました。久家恒衛先生の薫陶のもと自彊術を愛好する「近畿自彊術友の会」では、近畿を中心に教室があり多くの会員がいます。
 自彊術は31の動作で構成されており、内臓の運動から始め、硬くなった関節をほぐし、歪んだ骨格を矯正し、血液の循環を活発にするとされており、巧みに「はずみ」や「反動」を利用して体を動かすので、動作は大きいものの肉体的には疲労がほとんど伴わない体操です。